淡い輝きのある紫色。砕いた新鮮なイチゴと小さな赤果実に、バラの花びら、牡丹のフローラルなトーンと、生き生きした酸味を持つアセロラや白胡椒の香ばしさの複雑なアロマを放ちます。 味わいは、繊細さを持ち、活気に満ちた鮮やかなタンニンがうまく溶け込んでいて、最後には、ミネラルのニュアンスを持ったタンニンを感じさせてくれます。 涼しい気候で作られた、非常にエレガントなピノ・ノワールと言えるでしょう。

ドメーヌ・ド・モンティーユ ( Domaine de Montille)は、フランスのブルゴーニュにある300年の歴史を持つ家族経営のワイナリーで、最も有名かつ最も古いワイン生産者のひとりです。現当主であるエティエンヌ・ド・モンティーユ (Etienne de Montille)は、日本産ワインの質の高さと多様性、日本に於けるブドウ栽培の可能性、また北海道の気候がピノ・ノワールとシャルドネに合うことを確信し、2016年、外国のワイン生産者として日本で最初のブドウ園として「ド・モンティーユ&北海道」プロジェクトを立ち上げることを決定しました。

● お酒の詳細情報

原材料名 ピノノワール
種類 赤ワイン
内容量 750ml
産 地 北海道
アルコール度数 12
蔵 元 株式会社deMontille&Hokkaido
保存方法 ワインセラー・冷蔵庫

購入数
(20歳未満の者に対しては酒類の販売をいたしておりません)