ブルーベリー.干しプラム.ナツメグなどの香りがあるます。程よい酸味と渋みが口中に広がります。ミディアムボディの辛口赤ワインです。

菊鹿町で契約栽培されたカベルネ・ソーヴィニヨンを100%使用しています。 醸造工程は、ステンレスタンクにて発酵させ、さらにオーク樽で約1年間ゆっくり熟成させました。
ブドウ畑の特徴を最大限に生かしつつ、熊本らしいカベルネの味わいと土地のポテンシャルを十分に引出し、 新樽由来のふくよかな香りと、酸味、渋みのバランスの良い熟成タイプのワインに仕上げました。

熊本ワインの醸造を開始した当初のぶどう品種は、「巨峰」「マスカット・ベーリーA」の2品種でした。のちに「キャンベル・アーリー」「デラウェア」も加え醸造して参りました。熊本県内の山鹿地区、植木地区、菊池地区、益城地区、不知火地区、熊本市内と広範囲のぶどう産地との取り組みは、現在の“肥後六花シリーズ”の基盤となっています。また1999年には、山鹿市菊鹿町(旧 鹿本郡菊鹿町)で菊鹿町葡萄生産振興会を設立、契約栽培にも積極的に取り組んで参りました。

● お酒の詳細情報

原材料名 カベルネソーヴィニヨン
種類 赤ワイン
内容量 750ml
産 地 熊本県
アルコール度数 13
蔵 元 熊本ワイン
保存方法 ワインセラー・冷蔵庫