ピノ・グリはフランス・アルザスやイタリア、ニュージーランドなどで栽培されている品種で涼しい気候を好むため、ヴィラデストでは、標高920m付近の畑で栽培しています。 グリとはフランス語で灰色という意味で、ピノ・グリは灰色を帯びたピンクの果皮をしています。ワインにする場合、果皮からの抽出を抑えて白ワインにする場合が多いですが、果皮からの成分を抽出してロゼ(オレンジ)ワインに仕上げる方法もあります。

ヴィラデストのピノ・グリは、果皮からの抽出は控えめですが、爽やかな酸味、あんずや黄桃のような香りが特徴的で、しっかりした味わいの骨格が感じられる白ワインに仕上がりました。

ヴィラデストワイナリーは、千曲川ワインバレーの日本有数の少雨地域で、日照時間が長く、昼夜の寒暖差が大きいなど、ブドウ栽培に適した気象条件が揃っています。
畑でしっかりと手をかけて育てたブドウから、丁寧にワインを醸すことで、この地のテロワール(風土)を反映した、エレガントでクリーン、且つ凝縮感のあるワインが生み出されます。

● お酒の詳細情報

原材料名 ピノ・グリ(100%)
種類 白ワイン
内容量 750ml
産 地 長野県
アルコール度数 12
蔵 元 ヴィラデストワイナリー
保存方法 ワインセラー・冷蔵庫

購入数
(20歳未満の者に対しては酒類の販売をいたしておりません)